当社の取り組み

震災および防災・減災への取り組み

東日本大震災

2011年3月11日の東日本大震災の発生から、丸8年が経過いたしました。
改めて、被災者の皆様、ご遺族の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
被災地も8年という時間経過とともに、既に新たな住屋となる造成地が完成し、住宅の建築が始まっている地区もありますが、以前の「まち」の賑わいを取り戻すにはまだまだ課題山積の部分もあります。皆様が1日でも早く以前のような生活環境を取り戻していただくことを目標に、これまで以上に地域に密着して、業務に取り組んでまいります。

熊本地震

「平成28年(2016年)熊本地震」は、4月14日の前震、翌々日未明の本震と、観測史上初めて震度7が2回発生した地震です。被害状況も、多数の人的被害や住宅の倒壊、土砂災害、道路・河川等の公共施設の損壊等甚大な被害をもたらしました。
被災者の皆様、ご遺族の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
2019年4月で地震発生から丸3年が経過し、宅地復旧支援事業や小規模住宅地区改良事業の推進を支援し、被災者の帰還が確実に進んでいます。今後も被災地における復興事業に対する支援を、全社を挙げて取り組んでまいります。

TAMANO
Copyright 2017-2019, Tamano Consultants Co., Ltd.
ページトップへ