当社の取り組み

都市経営の視点に立った行政マネジメント

現在わが国は、これまで経験し得なかった著しい変化のさなかにあります。 行政がこれに対応するには、現実を正しく認識し中長期的展望に基づいた計画を立案することは必要です。公共事業運営において今、求められているのは、戦略的アプローチです。

人口減少や高齢化、地方都市の未来に影響

人口減少や高齢化、地方都市の未来に影響
多くの地方公共団体では現在、人口減少や高齢化に歯止めがかからないといった状況に直面しています。人口減少は人口の低密度化や土地の荒廃に、高齢化はコミュニティの崩壊につながるだけでなく、税収の落ち込みに伴う行政サービスの低下を引き起こす要因にもなります。

わたしたちはこうした現実を真撃に受け止め、効率的な都市経営の在り方を真剣に考える時期にきています

都市再生への活路「スマートシュリンク」

都市再生への活路「スマートシュリンク」
税収が落ち込んでいる現在、従来のような拡大志向や満遍ない対応、フルスペックでの行政サ-ビスには限界があります。

こうした状況における都市経営では、低密度化が進む市街地について荒廃化を招くことがないよう、一定程度の行政サ-ビス水準は維持しつつ、上手に撤退していく「スマ-トシュリンク」方策が有効です。撤退にあたっては「みどり」「農地」「住まい」などへの土地利用転換を誘導したり、PFIやPPP、指定管理者制度など民間の資金や経営能力などを有効活用することにより、事業コストの削減や質の高い公共サービスの提供を図ることが重要です。

「公」と「民」の協働で、多様な社会サービスを提供

「公」と「民」の協働で、多様な社会サービスを提供
スマ-トシュリンクにあたっては、行政的見地から公共性を検討して、地域改善効果や生活水準向上効果等の合意形成を進め、関係者の不利益にならない仕組みづくりをすることが大切だと、わたしたちは考えます。

また、都市経営面では、従来のように行政がすべて担うのではなく、多様な民間主体をまちづくりの担い手と位置づけて取り組むことが求められるでしょう。「従来の公の領域」に加えて「公的価値を含む民の領域」や「公と民の中間領域」が協働すれば、地域ニ-ズに応じた社会サービスを提供することが可能になります。今後は行政負担の軽減にもつながるこうした新たな取り組みが、ますます重要となってきます。

都市経営の視点から、コンサルティングします

都市経営の視点から、コンサルティングします
スマ-トシュリンクには都市を客観的に診断する能力と土地利用転換の実現能力が、また、新しい公共サービスを実践するには地域への精通度や人づくり能力が必要です。

わたしたち玉野には、都市・地方計画の策定実績に加えて、空間情報を駆使した都市分析、エリアマネジメントで培った人づくり・コミュニティづくりなど、多岐に渡る都市整備の実績が蓄積されています。こうした経験を活用し、都市経営の視点から、"選択と集中"のまちづくりを支援します。
TAMANO
Copyright 2017-2019, Tamano Consultants Co., Ltd.
ページトップへ