ニュース 2018

一覧へ戻る
2018.11.16
ニュース

セミナー「近年の災害からみた都市インフラの災害レジリエント」を12月3日(月)に開催します。

【概要】
講師:平山 修久(名古屋大学減災連携研究センター社会連携部門 准教授)
内容:近ごろ、2018年1月から2月にかけての豪雪、2018年6月18日大阪府北部地震、2018年7月西日本豪雨災害、2018年台風21号災害、2018年9月6日北海道胆振東部地震において、上下水道システムなどの都市インフラの被災や大量の災害廃棄物により市民生活に多大な影響が生じている。南海トラフ巨大地震は、いつかやってくるではなく、必ずやってくるのである。そのため、災害対応という視点から「目標による管理」を理解し、将来の南海トラフ巨大地震に向けて、近年の災害から見えてくる都市インフラの脆弱性を知り、これからの都市インフラの災害レジリエントについて考える。

詳細についてはこちらをご参照下さい。

TAMANO
Copyright © 2018, Tamano Consultants Co., Ltd. All rights reserved.
ページトップへ