5つの取り組み

  • コンパクト+ ネットワークを目指したまちづくり

    急速な人口減少・少子高齢化の進展や厳しい財政状況の中、地域の活力と医療・福祉・商業等の生活基盤を維持するためには、人・モノ・情報の高密度な交流が可能となるコンパクトなまちづくりが求められています。

    わたしたちTAMANOができること―

    都市経営の視点に立ち、地域資源を有効的に活用し、培ってきた豊富な経験により、行政サービスの水準を維持し、都市機能の選択と集中を実現するためのまちづくりをお手伝いします。

  • 住民生活をまもる地域の「しなやかな」強靭化

    わたしたちは自然と共存共栄し、整備された社会インフラの恩恵の下、くらしてきました。しかし、我が国の社会インフラは、高度経済成長期に整備されたものが多く、今後急速に老朽化することが懸念されます。また、我が国では、毎年のように地震、水害・土砂災害等の自然災害が発生しています。

    わたしたちTAMANOができること―

    様々な社会インフラの老朽化対策、防災・減災の各種対策により、地域の強靭化(レジリエンス)をコンサルティングします。

  • 世代をつなぎ、未来へつむぐ「都市再生」

    人口動向の変化にともなう都市のスポンジ化が進み、都市機能のあり方が変わりつつある中、地域経済や「にぎわい」の更なる活性化が求められています。

    わたしたちTAMANOができること―

    都市の再生を経済的価値向上のチャンスと捉え、市街地整備から建物の計画・設計に至るまでを、具体的な事業手法や民間活力活用(PFI等)の提案を通じて、行政・地域住民の支援に取り組みます。

  • エリアマネジメントによるコミュニティの再構築

    魅力あるコミュニティ創出のため、地域の特性・住民の合意形成を踏まえた美しいまちなみや、付加価値の高いまちづくりが求められています。

    わたしたちTAMANOができること―

    土地区画整理事業のトップランナーとして、エリアマネジメントや各種計画事業を通じ、地域の多様性を反映したコミュニティの再構築を行います。また、災害発生後には速やかなまちの復興をコンサルティングします。

  • 海外における健全な国土づくりや都市問題の解決

    開発途上国では、急速な経済成長に伴い生じる様々な都市問題が顕在化しています。また、開発途上国の様々な社会・自然環境の中で社会インフラを構築・維持するためには、専門技術に加え経験が求められます。

    わたしたちTAMANOができること―

    良質な社会インフラの提供に向け、我が国の国づくり、都市づくりの経験、技術を活用して国際貢献に努めます。

震災への取り組み

震災への取り組み
弊社では、東日本大震災直後より現場事務所を拠点に「復興まちづくりプロジェクトチーム」を編成して復興事業に取り組んでまいりました。2017年4月からは仙台市内に新たに「支店」を設立し、継続して復興まちづくり事業を中心に取り組んでおります。
平成28年(2016年)熊本地震では、発災後に熊本復興推進室を熊本事務所内に設置し、被災した南阿蘇村や大津町等の復興計画策定等の業務に取り組んでおります。 詳細

詳細

社会貢献への取り組み

社会貢献への取り組み
当社の社会貢献への取り組みをご紹介致します。 詳細

詳細

D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)への取り組み

女性活動推進への取り組み
当社のD&I(ダイバーシティ&インクルージョン)への取り組みをご紹介致します。 詳細

詳細

TAMANO
Copyright 2017-2019, Tamano Consultants Co., Ltd.
ページトップへ